昔の事務所

 気がつけば今年も後2ヶ月となってしまいました。今まで以上に駆け足で時間が過ぎて行ってしまった感があるのも、コロナ禍にあって、身動きがとれず今年は何もしていないじゃないか、という焦りが強いからでしょうか?
 それよりも、今日、11月1日は、くらしえん・しごとえんが「法人」として人格を与えられた日です。14歳、ようやく中学生くらいになれたのでしょうか?

 お節介(笑)なFacebookが昔書いた記事を教えてくれました。
 まずは、2011年11月1日、「地域における就労支援のあり方に関する研究会2次」だったんですね。この年の暮れ、血糖値の急上昇による緊急入院をしたのでした。

「間も無く東京。第3回の地域における就労支援のあり方に関する研究会。今日は養成研修機関としてのヒアリングです。自法人の話なら好き勝手に話せるのですが。(笑)でも、ヒアリングの内容自体を連絡会として、検討する事自体、凄いことだと痛感してます。たとえ、時間がかかっても…。」

それから4年前の2016年の11月1日には、法人設立10年の記事…
……「ジョブコーチであること」を基本として法人を立ち上げ10年が経ちました。これまで支えてくれた皆様に心からお礼申し上げます。 今までがそうであったように、これからも一歩ずつ前に進んでいきます。(2016年11月1日)いつの間にか…、というのが正直な気持ちです。当たり前のことですが、色々なことがありました。それでも、「ジョブコーチであること」「ジョブコーチとして独立、自立した存在であり続けること」を基軸にして今日まできました。特に経済的な自立、職業としての自立はまだまだ手探り状態が続きます。ジョブコーチもまたしかり。ジョブコーチをジョブコーチたらしめるものは何か? 理念も制度もスキルもまだまだこれからです。それでも、目をそらすことなく真正面から向き合っていけば、必ず何かが見えてくると思います。これからもよろしくお願いします。……

 ここにきて、見えないながらも次に向かってようやく一歩、足を出したような感じがします。でも、まだまだ恐る恐るです。
 とてつもない孤独感や孤立感にさいなまれることもあります。
 思考がどんどんマイナスに向かうこともあります。
 そんな中、体力だけは確実に落ちているのがわかります。
 小走りが怖くてできなくなりました。(笑)
 片足立ちで靴下をはく時に随分とよろけるようになりました。

 それでも、この法人と一緒にもっともっと成長していきたいと思うのです。

 色々な場面で「怒り」を覚えることがある。
 ジョブコーチ支援の現場では、どちらかというとその怒りを飲み込む事が多い。
 そして、その「怒り」の持って行き場や処理の仕方に悩み苦しむ。

 逆に、一方的に「怒り」をぶつけられることもある。
 いきなり「がツン」と頭を殴り付けられる。全く予期もしていない、不意打ちである。
 その場では、相手の怒りの本質も分からずに、とりあえずは怒りを拡大しないように「すみません」と頭を下げる。
 しかし、時間が経つにつれ、なぜ、怒りをぶつけられないといけないのか、どうしても納得できない時がある。もっと言えば、すみませんと謝った自分自身に腹が立ってくる事もある。

「『怒り』というのは、理性で考えないといけない」
 まだ若かりし頃、尊敬する先輩が教えてくれた。
「怒り続けるには『理性』の力が必要」だとも。
 どこまでがその人の言葉だったのか、今でははっきりしないし自分なりの付け加えたものもあるだろうが……。

 すぐに消えてしまうような「怒り」はそれは自分の単なる感情の爆発でしかない。何度も何度も自分の怒りの正当性を考えていくうちに、自己嫌悪に陥ることもたくさんある。
 後になればなるほど、その怒りが増幅していく場合もある。その時は、何に対して自分が怒っていたのかが、だんだんとずれてくることがある。
 そして思うのだ。「これは怒らなければならないのだ」と。
 一呼吸おくどころか、1日2日その「怒り」を心の中で転がし続ける。
 全くもって不愉快な時間だ。
 それでも怒らなければならないことである、と思った時には、しっかりと「怒り続け」ないといけない。
 しかし、往々にして、怒り続けることに疲れてしまい、いつの間にか自分の中でウヤムヤにし、「そんなことで怒ってもなぁ」と怒りの収めどころを探していることの方が多い。

 感情を表すことはよくないことではない。
 怒りはとても大切なんだ。
 
 だからこそ、その怒りと付き合う術を自分の心の中に培っていかなければいけないと思う。
 何でもかんでもウヤムヤにする、曖昧にする、表面的な「笑顔」」でごまかすことが多い今の社会。
 逆に、所構わず怒りをぶつけることが多い今の社会の中にあってこそ、だ。

 と、こんなことを書いているのも、理不尽な怒りをぶつけられた、という話を聞いて、腹が立って仕方がないからなのだ。
 落ち着け、落ち着け!
 そう自分に言い聞かせるかのように今、iPadの画面に向かっている。

 深呼吸が必要だ。

 正体のわからない感情と向き合うことの難しさ。
 それはとってもしんどいことだし、怒りや悲しみ喜び……、そうした感情は簡単にわかるものではない。

 それでも、そうした複雑な気持ちを丁寧にすくい上げられる両手を持ちたい。

 2020年1月31日付けでくらしえん・しごとえんの副代表理事として関わってきた小林が退職した。そして2月1日からは彼の地元にある障害者就業・生活支援センター「ぼらんち」の職員として新たに仕事を始めた。

 2014年にそれまでの福祉施設からくらしえん・しごとえんに飛び込んできたが、小林との出会いは2007年に行った静岡県から委託を受けた就労支援者への研修だった。その後すぐに、職場適応援助者養成研修を受講した。
 以来、くらしえん・しごとえんの会員として養成研修の手伝いを始め、ずっと関わりを持ってきた。

 7年前に職員の募集をしたとき、その求人を見て彼から連絡が入った。
 中部地域に暮らしている小林から連絡が入るなどとは予想だにしていなかったが、これまでずっとくらしえん・しごとえんに関わってきた彼からの申し出はとても嬉しかった。
 一方、現実的な問題としては、ジョブコーチ支援の助成金だけでは、支援依頼が入り、フル稼働しても上限が決まっている。移行支援事業所なり、何らかの事業と連動なくして財政的に成り立たないことも明らかだった。

 静岡を中心とした中部エリアでのジョブコーチ支援も、特別支援学校をはじめ、少しずつではあるが着実に増えていき、地域との結びつきは強くなっていった。
 2015年の3月には静岡事務所も開設した。( http://kurasigoto.net/?p=535 )
 しかし事業の展開はうまくいかず、結局事務所も閉鎖することになった。
 そのような中、赤字を出し続けるわけにもいかず、また、小林自身の子どもの教育費など将来的な事もあり、今回、くらしえん・しごとえんから離れる、という結論になった。
 次はどうするのか? これまで培ってきたジョブコーチとしての経験を活かせる仕事は? となったとき、縁あって地元のナカポツの職員としての仕事が見つかったのだった。

 静岡県は就業・生活支援センターの主任職場定着支援担当者が未配置の県。
 静岡県のナカポツには、要件を満たす職員がいないからだと思うが、小林は十分その要件を満たしている。
 就業・生活支援センターの課題も山積しているが、是非とも今までの雇用現場での経験を生かしていってもらえたら、と思う。
 そして、ジョブコーチとナカポツとがどのように連携していったら、地域の障害者の雇用が広がっていくのか、を推し進めて行ってほしいと願う。

 職場適応援助者の助成金だけで、法人が成り立つものではない。
 しかし、職場適応援助者を軸にこの先もくらしえん・しごとえんは独立性、自立性を担保できるようにしていきたい。

 くらしえん・しごとえんも新しい段階に入ったのだと思う。

 2019年も終わろうとしています。
 今年一年、何度も「ジョブコーチ」のあり方・存在意義を考え直す場面に直面しました。
 それはとりもなおさず、私たちの法人としてのあり方への自らの問い返しの一年でもありました。
 2006年4月の法人時の4つの柱の一つに「ジョブコーチ支援は本人・事業主・家族の支援が大きな柱です。そのためには、ニュートラルな存在であり続けることが重要であり、施設、事業所、行政機関等から独立した存在であり続けることが必要と考えます。」と「ジョブコーチの自立・独立」をうたってきました。
 以来、中立性を保つために「利用者をもたない」こと、そしてジョブコーチとしての「精神的な自立」と「経済的な自立」を目指して今までやってきました。

 ジョブコーチ、ジョブコーディネーター、○○ジョブコーチ、職場適応援助者、職場適応支援者……、実に似たような名称が生まれ、何が何だか? 状態になってしまっている今日この頃です。
 何がどう違うのか、私にも簡単には説明ができませんし、説明し出すと聞いている方が嫌になってしまうのではないかと思います。
 私たち、訪問型職場適応援助者(ジョブコーチ)を仕事としている者にしてみると、次第にその存在意義が失われていくような、そんな危機感すら感じます。

 ジョブコーチとして雇用現場に求められるスキルは、とても高いものがあります。
 私自身、かつて私立高校の教師として20年近く様々な経験を積んできましたが、ジョブコーチとして現場にたち始めたとき、求められるスキルは「教師の時の比ではない」というのが直感的に感じたことでした。
 その感覚は鮮明に覚えていますし、未だにその感覚は間違っていなかったと強く思います。
 逆に、教員時代の給与とジョブコーチの時給単価の落差にもまた愕然としました。とても生活が成り立つものではなく、わずかながらの「謝金」がすべてでした。今でも基本的には変わっていないと思います。

「ジョブコーチの仕事をする」ということと「ジョブコーチを仕事とする」
 この二つは、助詞二文字の違いですが、とても大きな違いがあります。
 以来、ジョブコーチとしての経済的な自立が重要であるという思いは根底に流れています。そして、ジョブコーチが一つの職域にまでなっていくことが重要なことだと。
 勿論、そのためにはとても多くの課題と、それらを乗り越えていく意志がなければなりませんが……。

 雇用現場に直接関わり、本人、環境への調整を行っていくというこのジョブコーチという仕事は、もっとしっかりとした形としていかなければいけないと思います。
 2006年から2019年12月末まで、250のケースにジョブコーチ支援で関わってきましたが、特にこの10年の雇用現場の様変わりはとても大きく、これまでのジョブコーチ支援というものを整理し直さなければいけないと痛感します。
 振り返りをしっかりと行い、整理し言語化していくことは、ジョブコーチを仕事としてこれまでやってきた私たち法人としてしなければならない事だと思います。
 そして、少しでも次のジョブコーチのあり方を発信していけるようにしなければと……。

 2019年もあと少しで終わります。
 今年一年、また、新しい出会いがたくさんありました。
 私たちに関わっていただけたすべての人にお礼申し上げます。
 2019年12月31日

「人格」と言っても人の話ではなく、「法人格」についてです。
今年一年も、様々な人と出会い、様々な職場で支援に関わってきました。

ジョブコーチ支援の説明をしたり、支援の入り口で関わる方と現場で一緒に働く人たちは違うと言う、この当たり前の事は、現場にどっぷりと入らないと、本当に見えてきません。

就労支援員や、ナカポツの人たち、各種相談窓口の人たちと話が通じないと思うのもこの部分だと感じます。
そして、本日のタイトルのことです。
総務・人事担当の方、現場で一緒に働く社員の方やパートの方、更には日頃、接することもない、会社の経営者の方々…。そうした全ての人たちが集まって「法人」という人格を作り上げているのだと思います。
思考を司る経営陣、新しい栄養を体内に取り入れていく人事、体全体に血液を流し続ける総務?
そして、それぞれの機能を果たしていく「現場で働く人たち」。
そう考えてみると「企業理念」というのは、改めて大切なことなんだと思います。
別の角度から見れば、その「理念」が体全体にどこまで行き渡っているか、浸透しているかということの見極めが、私たちジョブコーチを名乗るものにとっては、とても大切なことだと思います。

翻って「我が法人」のことを考えてみると、情けなくなってきます。
小さな小さな法人となると、一人一人の果たす役割が非常に大きくなります。まして、個人の思い、感情が法人の思い考えとイコールになってしまいます。これは、あまりよくないことだと思うようになりました。
来年は、もう少ししっかりとした「人格」をつくりあげられるように、法人として成長していきたいと思います。

そんなに簡単に言わないで! と最近ホトホト思うことが増えてきた。
自分たちがしっかり支援ができている、ということではなく、その全く逆で、支援現場でうまくいかないことや、難しい場面に直面することが多く、自分たちの力の無さや、限界を痛感することが多くなってきているからであり、「心が折れる」という言葉が出てくる頻度も増えてきている。
Read More →

てんかんとリハビリテーション-1- 土曜日24日、静岡てんかん・神経医療センターの西田拓司先生を招いて「てんかんとリハビリテーション」と題して話をしていただきました。
今回は、くらしえん・しごとえんのスキルアップ研修として開催したのだが、突発的な研修会にも関わらず、遠くは栃木県からも参加して下さった。(時間が短くてすみません!)
そう、突発的な研修会だったために、「もっと早く連絡して欲しかった!」というメールもたくさんいただきました。
Read More →

 一ヶ月後に迫った今年度第一回の職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修。
 受講生の皆さんには事前に資料全体に目を通していただきたいことともあり、毎回、一ヶ月前には発送できるようにしています。(講師の皆さんにはいつも無理をお願いしています…)
 一昨日、講義資料ができあがり受講生と講師の皆さんに発送です。
 今回は、参考資料に「地域の就労支援…」「差別禁止・合理的配慮…」の二つの研究会報告書を入れたために、ページ数が多くなってしまいました。(汗)
 研修会の資料を見返すと、その時々の課題が見えてくる気がします。
 いよいよです。

20140618_231758080_ios
20140618_232100169_ios

 厚生労働大臣の定める研修として「くらしえん・しごとえん2013年度第2回職場適応援助者(ジョブコーチ)養成研修」の受講生を募集いたします。
 募集期間は、本日8月19日より9月20日(金)です。
 募集要項、申込等につきましては下記URLをご参照下さい。

 ■ 募集要項、カリキュラム、スケジュール
 ■ 申込ページ

 ジョブコーチ支援も集中支援期から移行支援期に移るタイミング、見定めがとても難しいと感じる。上手くいかない支援は、フェイドアウトどころか、落としどころが見つからずにジタバタしてしまい、「とりあえず終了」みたいに何とも言えない後味の悪い形で支援をクローズさせることもある。自分の力の無さを痛感する。
 逆にスムーズにフェイドアウトしていける時は本当に嬉しい。

Read More →

 今年も残すところ、あと数時間。
 毎度のことだけれど、やっておきたいことと時間との追いかけっこ。
 どこの時点でふんぎりをつけて諦めるか、だ。
 とうとう開き直り、こうして、ブログを書くことがその年最後の仕事で、ここ数年、大晦日の恒例になっている。

Read More →

「(努力すれば)成功は保証されないけれど、成長は保証される」
 NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」の中の言葉。

 「挑み続ける5人のすべてSMAPスペシャル」を何気なく見始めたら、いつの間にかぐいぐいと引き込まれていった。
 すごい! やはり、彼らはプロだ! と…。

Read More →

 本日開催された研究会の傍聴に行ってきました。
 来月1月27日には「第1号認定法人」としてのヒアリングの依頼もあり、研究会の流れや雰囲気を少しでも知りたいと思っての参加でした。

 今日は5つの就労支援機関からのヒアリング。
 それぞれの立場からの報告は、もっと詳しく聞きたい報告ばかりで、10時から12時までの2時間があっという間でした。

Read More →

 フォローアップに入ったA事業所の支援。
 留守中、お母さんからご丁寧にお礼の電話をいただいたので、昨日こちらから電話をかけた。
 「本当にありがとうございました。何かお礼をしないといけないのですが。」
 『いいえ、私達は仕事ですから……』
 「仕事でも、お世話になりましたから、大変だったと思いますし……。」

Read More →