Aさんのトライアル雇用と同時に始まった支援の中間ケース会議を行った。

 参加者は、事業所、ハローワーク、カウンセラー、就業・生活支援センター、ジョブコーチ(みず野・おさむ)の計6名。

 あれ? 本人は???

 今回は、本人は「抜き」で行いました。

 詳しくは触れられませんが、色々な関係者が関わっているのは良いのですが、どうも雇用の経緯からして、大きな食い違い、それぞれの思いのズレがあり、本人に対して、まずは意見交換の場を持ちましょう、ということ。

 実際に、一つのテーブルに着いてみると、どこがずれているのかを確認するだけで、一仕事。結局、1時間半ほどかかってしまいました。疲れました。

「改めて本人の思いをきちんと確かめましょう」ということになりました。

「連携」「ネットワーク」「顔が見える関係」とはよく言いますが、

「本音を言い合える関係」

「相互批判ができる関係」

「Yes、Noをきっちりと言える関係」ができなければ時間の無駄ですね。

「おかしい」ことは「おかしい」ときちんとこれからも言い続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation