関係各位

特定非営利活動法人くらしえん・しごとえん
代表理事 鈴木修

 去る9月1日に突発性の血栓症血小板減少性紫斑病のためご逝去されました髙草志郎様のご葬儀のご連絡です。
 ご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。

日時:前夜式 九月七日 午後六時から
   告別式 九月八日 午後十二時半から
場所:京急メモリアル金沢文庫斎場
   (京浜急行線金沢文庫駅より徒歩一分)
   神奈川県横浜市金沢区谷津町三八四
   電話:045-784-9833
   ファックス:045-784-6919
喪主:髙草惠利 髙草雄士
 
 ※コロナ感染予防対策のため マスクの着用をお願い致します
 ※ 駐車場には限りがございますので 近隣の駐車場もあわせてご利用ください

 お昼前、東京から連絡が入った。
「髙草さんが昨日の夕方、亡くなりました」とのことだった。
 一瞬何のことかわからず、思考が止まり、言葉もなくしてしまった。
「詳しいことがわかりましたら、また連絡します」と電話が切れた。

 夕方、ご子息から連絡があった。
「父の手帳をみていたら、鈴木さんのところの予定が入っていたので…」と。
 10月の養成研修の講師の事だ。
 髙草さんが「仕事を手伝ってもらっている」と浜松に連れてきた際、三人でウナギを食べに行ったことが脳裏をよぎった。
 親子で同じ仕事に向かっている姿を羨ましく眺めていた。

 昨日の午前、少し体調が悪い、と言う状況だったのが、病院に行き容態が急変し、そのまま亡くなられたとのこと。
 ついこの間も、養成研修の事で話をしたばかりだった。
 農福連携の事で力を貸してほしいから、今度詳しく話をしたい、とも行っていたのに……。

 髙草さんとのつきあいは、2011年、髙草さんがひなりの社長に就任してから始まった。
 特に社長在任中の5年間は、実に多くのことを話したし、一緒に現場を共有した。何よりも「企業」の厳しさや考え方をたくさん教えてもらった。
 ひなりをやめ、一般社団法人ノーマポートを立ち上げた後も、法人の理事として、また、養成研修の講師として、年に何度もお会いし、電話で連絡をとっていた。

 遺されたご家族の悲しみはいかばかりかと思うが、それ以上に髙草さんはさぞかし無念であったと思う。

 もっと色々なことをやりたかっただろう……
 まだまだ色々なことを教えてほしかったし、一緒に新しいものを作り上げたかった。

 痛恨の極み……。

 ただただご冥福を祈るばかり……。

2015年6月17日 ワークサポート課の研修の一コマ
2019年10月27日 職場適応援助者養成研修(岐阜)にて